title

<<薬学部HP <<九州大学

業績



最近の主な論文

学会発表

2005年度  2006年度  2007年度  2008年度  2009年度  2010年度  2011年度




2010年 学会発表


〈国際学会)

  1. Daisuke Yoshihara, Satoru Karasawa, Noboru Koga
    Construction of Photoresponsive Cyclic Single-Molecule Magnets in Heterospin Systems
    The 12th International Conference on Molecule-Based Magnets, Beijing, China, October 9 2010
  2. Satoru Karasawa, Noboru Koga
    Magnetic Properties of Heterospin One-dimensional Complexes
    The 12th International Conference on Molecule-Based Magnets, Beijing, China, October 9 2010
  3. Satoru Karasawa, Noboru Koga
    Construction of heterospin 1?D complexes with a slow relaxation of the magnetization
    Pacific Chem, Honolulu, Hawaii, 2010, December 18
  4. Daisuke Yoshihara, Satoru Karasawa, Noboru Koga
    Structures and magnetic prperties in photoresponsive heterospin dinuclear single-molecule magnets having various substituents
    Pacific Chem, Honolulu, Hawaii, 2010, December 19
  5. Yuichiro Abe, Satoru Karasawa, Noboru Koga
    External-stimuli responsive fluorescence of quinoline compounds in the solid-stat
    Pacific Chem, Honolulu, Hawaii, 2010, December 17
  6. Kengo Ohkubo, Hiroyuki Hayashi, Satoru Karasawa, Noboru Koga
    pH-responsive globular nanoparticles consisting of small-sized organic molecules
    Pacific Chem, Honolulu, Hawaii, 2010, December 17
  7. Tanimot Emi, Manami Okazaki, Yuichiro Satoh, Tomoyasui Tanaka, Satoru Karasawa, Noboru Koga
    Linker and sequence dependence of water-proton relaxivities in oligonucleotides carrying TEMPO
    Pacific Chem, Honolulu, Hawaii, 2010, December 19

〈国内学会〉

  1. 大久保研吾、林 寛幸、唐澤 悟、古賀 登
    水溶液中でpH応答性、温度応答性を示す1.3.5-トリウレアベンゼン誘導体の自己集合化挙動
    第21回基礎有機化学討論会、名古屋大学、名古屋市、2011年9月10日
  2. 大橋枝里子、唐澤 悟、古賀 登
    両親媒性側鎖を有する有機ラジカル超分子化合物の合成とその集合化挙動後の磁気的性質
    第21回基礎有機化学討論会、名古屋大学、名古屋市、2011年9月9日
  3. 安倍雄一郎、唐澤 悟、古賀 登
    D-A型ベンゾキノリン化合物の固体蛍光と構造の相関
    2010光化学討論会、千葉大学、千葉市、2010年9月11日
  4. 吉原大輔、唐澤 悟、古賀 登
    異なる結晶構造を持つ光応答型ヘテロスピン環状複核錯体の構造と磁気的挙動
    第60回錯体化学討論会、大阪国際交流センター、大阪市、2010年9月29日
  5. 安倍雄一郎、唐澤 悟、古賀 登
    外部刺激応答性を有する新規ベンゾキノリン誘導体の固体発光
    第91回日本化学会春季年会、神奈川大学、横浜市、2011年3月26日-29日
  6. 坂元俊介、安倍雄一郎、唐澤 悟、古賀 登
    ビスナフチリジン誘導体を用いた金属錯体の構築と発光特性
    第91回日本化学会春季年会、神奈川大学、横浜市、2011年3月26日-29日
  7. 大橋枝里子、唐澤 悟、古賀 登
    ラジカルを有する二置換ベンゼントリウレア誘導体の合成とその温度応答性自己集合化挙動
    第91回日本化学会春季年会、神奈川大学、横浜市、2011年3月26日-29日
  8. 大久保研吾、林 寛幸、唐澤 悟、古賀 登
    1.3.5-トリウレアベンゼン誘導体の合成と水溶液中でのpHおよび温度応答性自己集合化挙動
    第91回日本化学会春季年会、神奈川大学、横浜市、2011年3月26日-29日
  9. 村島健介、唐澤 悟、古賀 登
    N, N-ジ(4-ピリジル)アミノキシルを用いたヘテロスピン金属錯体の構築と磁気的性質
    第91回日本化学会春季年会、神奈川大学、横浜市、2011年3月26日-29日
  10. 吉原大輔、唐澤 悟、古賀 登
    高スピン磁気カップラーにより連結されたヘテロスピンコバルト一次元錯体の磁気的性質
    第91回日本化学会春季年会、神奈川大学、横浜市、2011年3月26日-29日