title

<<薬学部HP <<九州大学

研究テーマ2


 ionic organic spin compound

 有機スピンを持つイミダゾリウムカチオンと様々なアニオンとの組み合わせにより、 イオン性磁性集合体を構築し、その機能性を見出す。特に両親媒性置換基を導入した化合物では、 ナノサイズのミセル、ベシクルが集合体として水中で得られることを見出している。 また、有機溶媒中でゲル構造を持つ集合体も構築した。これらの柔らかい有機スピン集合体の持つ特性を利用して 、新規MRI造影剤、磁性材料へと発展させる。

study2